就職や転勤で都会から地方都市に移住することのデメリットを伝えたい

地方都市のデメリット 仕事

僕は就職を機に、それまで慣れ親しんだ関西の都会(人口100万以上)から、地方都市(人口10万)へと移住することになりました。

もうすぐ地方都市へ移住して3年が経とうとしていますが、正直に言うと、まあまあ辛いです。もちろん、ド田舎ではないですし、コンビニもスーパーもありますし、ちょっと遠出すればショッピングモールや映画館もあります。生活する分には、全然余裕です。

けど、今後しばらくここで暮らすことを考えると辛いんです。というわけで今回は、「就職や転勤で都会から地方都市に移住することのデメリット」について解説していきます。

スポンサーリンク

就職や転勤で都会から地方都市に移住することのデメリット

都会から地方都市に移住して僕が感じたデメリットは全部で4つあります。もちろん、人によっては気にならないデメリットもあると思いますが、順番に解説していきますね。

車がないと、行動範囲がめちゃくちゃ狭くなる

地方都市では、車が無いと行動範囲がめちゃくちゃ狭くなります。

僕が今住んでいる地方都市は、徒歩や自転車で近くのコンビニやスーパーやドラッグストアに行けるのですが、映画を観たり大型ショッピングセンターや本屋に行ったりするのであれば、車は必須です。

車社会なので、どこへ行っても駐車場はありますし、車を持っていた方が確実にQOLが上がるのですが、僕は絶対に車を持ちたくないんです。なぜなら、「維持費」がかかるから。

車両代だけでなく、ガソリン代や駐車場代、保険代、車検代など、メンテナンスコストが高くつくんです。節約家の僕からすると、車を持つと貯金できなくなるので、車は買っていません。

「車を買わない」という選択と引き換えに、行動範囲は狭くなりました。都会に住んでいた頃は、自転車や電車に乗ればどこへでも気軽に行けたのですが、今は移動のハードルが高くなったため、一人暮らしのマンションで過ごす時間が増えてしまいました。

飲食店が少ない

やはり、都会に比べて飲食店の数が少ないです。例えば、会社の送別会の幹事をしても、店選びにはかなり苦労します。

また、美味しい店の数も必然的に限られてきます。都会に住んでいた頃は、食べログで3.5以上の飲食店があちこちにあったのに、今住んでいる地方都市だと、そのレベルの店はほとんどありません。あったとしても、予約で常にいっぱいなので、なかなか行ける機会がありません。

その反動もあって、実家のある都会に帰省した時に、色んなジャンルの美味しい店がたくさんあることにいつも感動するんです。僕はラーメンが大好きなのですが、僕が住んでいる地方都市には美味しいラーメン屋が全然なくて、正直悲しいです。

オシャレな服が買えない

僕はファッションが大好きで、服にお金を遣うことが多いのですが、地方都市ってアパレルショップが全然ないんですよ。マジでユニクロくらいしかありません。ユニクロは嫌いではありませんし、ヒートテックには毎年お世話になっているんですが、服が好きな僕からしたら、物足りないんですよね。

都会に住んでいた頃は、ユナイテッドアローズやアーバンリサーチなどの有名所はもちろんのこと、個人経営のセレクトショップなどもたくさんあって、ファッション好きな僕にとって刺激的でした。

今は近くにそういったお店が全然無いので、新幹線で都会まで行って服をまとめ買いするスタイルになりました。あるいは、帰省時にまとめ買いします。

「ネットで服を買えばいいやん」と思う人がいるかもしれないんですけど、試着できないのが嫌なんですよね。また、ネットの写真だと、実際の色味と全然違うケースも多いです。やはり、店で買いたいんです。

僕の経験からすると、服好きな人にとって、地方都市は結構きついと思います。

デートスポットが少ない

地方都市ってデートできる場所が少ないんですよね。さっき述べた飲食店はもちろんのこと、寺社仏閣や美術館などのデートスポットがあまり無いため、デートのプランがマンネリ化します。関西に住んでいた頃は、京都、大阪、奈良のさまざまなデートスポットに行けたのに、今では選択肢が激減しました。

そして、いい感じのデートスポットを見つけても、車じゃないとアクセスしづらいんですよ。繰り返しますが、地方都市は車を持っていないとあらゆる行動が制限されるんです。「車さえあれば、もっと夢が広がるのに…」と何回も思いました。

もしこれから地方都市に住む可能性がある人は、車を買わない限りは「デートスポットが少ない問題」に必ず直面することになるので、注意しておきましょう。

一刻も早く都会に戻りたい

地方都市には、「家賃が安い」とか「通勤ラッシュがない」みたいなメリットもあるのですが、やはり総合的に見ると、デメリットが多いように感じます。

もしもあなたが釣りやハイキング、ダイビングなどのアウトドアが大好きなのであれば地方都市はおすすめしますが、僕のようなインドア派にとって、地方都市に住むメリットは全然ありません。

ぶっちゃけ言ってしまうと、一刻も早く慣れ親しんだ都会に帰りたいです。

会社帰りに本屋に寄って、そのあと美味しいラーメンを食べて帰宅する、みたいな生活がしたいです。