今の会社は、新入社員に「即戦力」を求めすぎているって話

新入社員が即戦力 仕事

僕は、今の世の中の会社全体に対して強く思うことがあります。

それは、「新入社員に即戦力を求めすぎている」ということです。

僕自身、今働いてる会社に新卒で入社した時、中堅社員がやるような仕事をいきなり任されたんですよね。何とかやり遂げましたが、正直言ってものすごくしんどかったです。

というわけで今回の記事は、「今の会社は新入社員に即戦力を求めすぎている」というテーマで解説していきます。

スポンサーリンク

新入社員が仕事ができないのは当たり前だ

基本的に新卒の新入社員は何もできません。ついこの前まで学生だったわけですから、いきなりその会社のルールをマスターして、仕事をバリバリこなせるはずがないですよね。

そんな新入社員に、いきなり難度の高い仕事を任せたらどうなるでしょうか。かなりの確率で潰れると思います。新入社員って、とにかく何も知らないペーペーです。何色にも染まっていないわけですから、上司の言うことは100%素直に信じる傾向にあります。だから、配属直後に上司から「君には色々仕事を任せるよ。即戦力として期待しているからね。」なんて言われたら、その言葉を鵜呑みにして、がむしゃらに頑張ろうとします。

しかし、新入社員は気持ちがどれだけ強くても、スキルが圧倒的に不足しているわけですから、当然業務をこなせなくなるわけですよね。そうすると新入社員は、「即戦力として期待してもらったのに、何て俺は駄目なやつなんだ…。」と自分を責めるようになり、上司も「即戦力として期待していたのに、この程度の出来か…。今年の新入社員は使えないな。」とがっかりするようになります。

新入社員に期待をしすぎても、結果的に誰も幸せになりません。

会社は新入社員を長期スパンで育てることを前提にするべき

新入社員に過度な期待をして、新入社員が潰れてしまっては、元も子もありません。

解決策としては、やはり会社が「長期スパンで新入社員を育てる」という意識を持つことだと思います。例えば、営業の仕事だったら、最初の半年間は先輩社員の営業に同行させて、「営業のリアルな実態」を感じてもらう。半年を過ぎたあたりから、先輩社員のサポートのもと、クライアントとのやりとりを開始する。1年くらい経つ時に、ようやく独り立ちさせる感じです。

上司は、新入社員に対して「最初の1、2年は仕事ができなくて当たり前だ。暖かく見守ろう。」というマインドで接した方がよいと思います。

会社が新卒に即戦力を求めるのは、「人手不足」だから

なぜ今の会社が新卒に即戦力を求めているかというと、理由はシンプルで「人が足りないから」なんですよね。つまり、「人が足りていない状況で人を育てる余裕なんてないから、即戦力が欲しい!」という論理なんです。これって、完全に会社側の身勝手な論理ですよね。

彼らのたちが悪いところは、「人手不足」であるという根本的な問題を、新入社員に絶対に説明しないところです。そりゃそうですよね。「人手不足だから、君には即戦力としてたくさんの仕事を任せるよ。」と新入社員に説明したら、新入社員は「人手不足はあなたたちの問題でしょ。まずはそれを解決してから仕事を割り振ってください。」と怒りますから。だから会社側は、「君が少しでも早く成長するために、たくさんの仕事を任せるよ。」と説明するのです。「人手不足」という彼らの論理を、「あなたの成長」という新入社員の論理に上手いことすり替えるわけです。

冒頭でも述べましたが、僕は今の会社に入社した時、どう考えても新入社員にはこなせないほどの量の業務を任されました。当時の僕はいい意味でも悪い意味でも純粋だったので、「これだけの仕事を任せてもらえるということは、僕が即戦力として期待されているからなんだ。成長のために頑張ろう。」と解釈したんですよね。

しかし、実際に働くにつれて、僕が大量の仕事を任された理由は「成長」のためではなく「人手不足」のためであることに気づいたんですよ。というのも、社内ファイルを調べていたら、僕が入社する前に、僕の部署から他の部署に多くの人が異動して、その埋め合わせを新入社員の僕がする羽目になったということがわかったんです。

こういった経験をふまえて、今の会社が新入社員に即戦力を求める風潮は、人手不足が原因であることを確信しました。逆を言えば、業績が好調で人員に余裕がある会社であれば、新入社員にハードルの高すぎる業務を押し付ける可能性は低いと言えるでしょう。もしもそのような会社で、新入社員にあえて難易度の高い業務を任せているとすれば、それは本当に「新入社員の成長」を意識しているからだと思います。

会社にとって一番痛手なのは、新入社員が退職すること

会社は、新入社員に適度な期待をかけて、長期的なスパンで育成する意識を持ちましょう。人手不足だからといって、無理やり多くの業務を押し付けて、新入社員が潰れて退職することになれば、それこそ本当に「人手不足」になります。本末転倒ですね。

売上高だけでなく、人材に対しても短期的な利益を追い求める会社は駄目です。